サラリーマンの引越し費用は経費になるか

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

サラリーマンが会社の都合で引越しをすることになった場合、引越し費用は経費として計上できるのでしょうか。
引越し費用が事業所得として、経費として計上できるとなると、サラリーマンは単身赴任を命じられた場合、家族全員で引越ししようとした場合でも、引越しした費用がサラリーマンの給与所得の経費にならないといけなくなります。
サラリーマンの場合、給与所得控除が法律で決まっているので、引越し費用は、経費にはなりません。
生活の本拠の移転費用は、事業経費にはならないのです。
従って引越し費用を確定申告の際、計上することはできません。
兵庫県で費用が安い引越し業者

引越しに伴う役所での住所変更届けなどは引越しの前に必要な申請と転居の後にするものがあります。
急に引越しが決まった場合でも届け出をしないと罰金をとられることなどもありますので、忙しくても必ず手続きしましょう。
引っ越しの時は何かと忙しくて、住所変更の手続きを忘れがちです。
しかし、これはやらなければいけないことなので、忘れずに行いましょう。
タスク管理ツールなどに登録しておくと忘れません。